応援プロジェクト提供団体

B.LEAGUE Hope

B.LEAGUE Hopeとは?

B.LEAGUEの活動の舞台はアリーナだけではありません。環境・貧困・ジェンダーなど、直面する社会問題にも取り組みます。「Social Innovationの実現」を目指し、ステークホルダーとともにさまざまな社会的責任活動を「B.LEAGUE Hope(B.Hope)」と称し、推進していきます。
持続可能な開発目標である「SDGs」に向き合い、クラブや選手が行う活動の積極的な情報発信や、リーグによるプログラムの開発・実施などを「Planet」「Peace」「People」の3つの領域で「Off-Court 3point challenge」活動として進めていきます。


それは、B.LEAGUEがつなぐ未来へのパス。コートの外でも、熱い戦いを続けてまいります。

活動内容

【Planet】 サーキュレーターエコノミー 「B.LEAGUE Ecology Pass(エコパス)」
衣類の回収を実施し、B.LEAGUEの応援グッズに生まれ変わる活動を進めております。”みんなのバスが、バスケを元気に。地球も元気に。”
【Peace】復興支援活動
Bクラブや選手会と共に被災された地域の方々に笑顔になっていただくため、仮設住宅訪問、バスケクリニック、街づくりサポートなどを毎年実施しております。
【Peace】コロナ禍における子供とそのご家族支援
新型コロナウイルス感染症の拡大による影響でバスケができない子供達や、医療従事者のご家族などに少しでも元気になっていただけるためオンライン授業などに取り組んでおります。
【People】ダイバシティ―インクルージョン
医療ケア児・障がいをお持ちの子どもたち・長期療養を必要とする子どもたちとそのご家族がバスケを通じて一緒に笑顔になれる・元気になれる活動を実施しております
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本様ともパートナー協定を締結し、共に活動を進めております。
B.LEAGUE HopeのWebサイト